地球の将来と人類の宇宙への挑戦を予想する

 私は、人類の将来について、非常に関心があるのですが、恐ろしいほどの不安な面もあり、その一方で、輝く未来が待っているのではとも思ったりしています。私なりの予想をお話します。
 まず、ロボットの開発が進み、パソコンが一家に一台の時代が来たように、将来、一家に一台ロボットの時代が来るように思います。それとともに、多くのロボットが工場などで働くようになり、人間の省人化が進むように思います。葬式などでも、ロボットが行うようになり、人間の住職などは必要なくなると思います。それに伴い、AIの開発も進んでいますが、このままいけば、人間の知能をはるかに超えたAIが登場すると思います。そうしますと、SFではないですけど、人間がAIに支配される日が来るのも、まんざら嘘ではないように思います。
 道路では、自動運転の車が走り回り、トラックの運転手がいなくても、荷物は勝手に目的地に自動運転のトラックが運んでくれるようになります。そして、空には、ドローンがいっぱい飛び回る世の中が来るのではないかと思います。ドローンの開発ももっと進でありましょう。将来は、ドローンかUFOかわからないようになるほど、そういう時代が来るように思います。ドローンも自動運転化されれば、人間は、ドローンに乗って好きな所へ行けるように思います。
 空に、宇宙船にAIを積み込んで飛ばせば、それは松本霊氏のキャプテンハーロックの時代の到来であります。人類の火星移住の時代もそう遠くないように思います。
 機械や、ロボット、AIと共存、共栄をして、素晴らしい時代の幕開けを迎えるように人類は努力しなければならないように思います。高麗美人 販売店