人生はやっぱり挑戦し続けたほうが断然面白い

小さい頃は親に生活のほとんどを管理されていたので自分が何をやりたいかについて考えることはあまりありませんでした。ですが、それはもったいないと今は思います。自分という人間の行く道を決められるのはやはり自分だけだしこの世界に生まれたのだから後悔しないように色々なことに挑戦していかないと後で後悔することになると思うからです。私は体が他の人と比べてかなり体がかたいですが今フィギュアスケートに挑戦してみたいと思っています。こどものとかから始めた人には敵いませんがやりたいと心から思っているので数年以内に始めたいです。これまでは苦手なことから逃げていることが多かったけれどすぐ諦める自分に負けたくない、苦手に立ち向かいたいと思っているので勉強も頑張ってやりたいと思います。上級の学校に進学して人の心を温めてほぐせるようなそんな仕事に就くことができれば幸せだと思います。まだまだたくさんやりたいことはありますが少しずつ叶えていきます。

マルシェに出店するときのディスプレイ棚ができました

友達とハンドメイドマルシェに出店しています。
毎回、課題を見つけては改善しているのですが、いつか自分たちでDIYをして、商品が見やすくなるようなディスプレイをしたいなと思っていました。

父が大工で、現場が近く、時々覗きに行くのですが、そこで廃材がたくさん出ます。
その廃材をあさって、何か使えないか見ていました。
よさそうなのがいくつかあったため、自分で作ってみたいなと思い、父に相談をしたら、父と一緒に働いている若い子に作ってもらえばと言うことだったので、お願いをして作ってもらいました。

私がやりたいように希望を伝えたら、その通りにやってくれて、大満足です。
足りない物は自分で買いに行ったりしていい感じのものができました。
とっても嬉しいです。

あとは、その木にペンキで好きな色を付けようと思っています。
何もかもが初めての作業なので手探りですが、楽しいです。

その棚を使って、ディスプレイするのが楽しみです。
どんな感じになるかな。