高校生1年の夏場、それはくらしで一番楽しかったチャンスかもしれない

自爆のような告白を経て、何の異常か、暮しで初の亭主を続行したぼくは、
毎日のようにデートを繰り返していました。
ウィークデイの放課後はカラオケや学業の近くのショップ街角で購入をし、
週末は市内に出て道頓堀や西堀江まわりで一緒に試合に行きました。

こんなうれしい四六時中ですが、亭主と明かす間隔を優先するサッパリ、
確実に馴染みと話す間隔が減っていたのです。
そして間もなく3学期を控える12月の中旬、亭主から申し立てを切り出されました。
「年越したら、仲間引越すことになった」
亭主の突然の告白にぼくは何も立て直すことができず、
「まぶたが所に上る」とはこのことではないかというような状態になっていたと思います。
唖然とするぼくを尻目に亭主は続けます。
「父兄の肝要の都合で広島に行くことになったんやけど、これからは気軽に会えなくなるね」
「それくらいなら会おうと思えばすぐに巡り会えるって。ウィークデイはだめやけど週末はそこにいくわ」
「普段は遠路になんねんで?」
「しんどくないと言えば嘘に上るけど・・・バイトして足代くらいは何とかするから」
その時のぼくは亭主に捨てられまいと本当でした。

あんな私の望みが通じたのか、亭主も了承してくれました。
先々、散々な結果が迎えるとも知らずにぼくは呑気にリライアビリティに包まれていたのでした。http://www.infocarte.org/datsumolabo-speedcourse.html