この時期から稲刈りから出荷を出している所もあるが

梅雨明けもしまして夏本番となっているがこの時期になると既に稲刈りなどしている所もあると言うがそれが「超早期米」といいまして3月に田植えをして今、稲刈りをしている所というが超早期米が行われているが私が住んでいる鹿児島県で種子島や南さつま市などこうした場所で行っているが稲刈りも終盤になっていまして脱穀などして出荷をしている。

この時期に稲刈りをしているのには台風など水害が起きやすい時期を避けている事で栽培から稲刈りまでずらしていると言う事になるが暑いのにこの様にしているのにはこうした気候になっていると言う。

乾燥や脱穀を済ませたコメなどはすでに出荷をしていまして主に大阪や関東に発売をしていると言うが他の所に負けない味となっているので他の所のコメにはどうなのかと思っているがこれは販売だけでなく地元にも提供をしている。

地元のスーパーでも新米が発売しているのでまだ暑いが新米も出ているので季節も早く感じてしまうかもしれなかったと思われている。

南さつま市内の小中学校の給食にも提供をしているが地元の中学校では稲作つくりの体験をしているので食べる事だけでなくこうした稲作つくりの体験をしているのでいかに大変なのかこうした体験をするのも面白いがこれをきっかけに農業をしたい生徒もいるのでいいことだと思う。

これからどんどんと新米が出てきますが稲刈りが本格的になるのは秋になると思っているのでまだまだ新米が食べそうです。